こんにちは。
NPO法人日本アートメイク協会です。

2/17~2/21にかけて台湾で行われた「台北国際美容化粧品展」に行ってまいりました。
台湾でのアートメイクは、主に3Dとノーマルをコンバインした眉のデザイン方法でした。
日本でアートメイクを行うには医師免許が必要ですが、台湾ではまだ、エステ免許や美容師免許があれば
アートメイクを行うことが可能なようです。

また、当協会が以前から注目している「SAVE TATTOOING」のその後の動きですが、
4月26日に大阪地方裁判所にて、初公判が行われることになりました。
結果次第では、アートメイク業界にも新たな方向性が開ける可能性があります。

今後の日本のアートメイクの発展のためにも、
資格試験制度など新しい方向性が生まれる事を強く望みます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です